秋田犬と海外セレブの意外な関係! 人気の理由はやっぱり「あの犬」?!

世界に誇る日本代表

最近海外セレブに人気の秋田犬。テレビやネットで秋田犬を見かけることも多くなりました。ところで、どんな海外セレブに人気なのかご存知でしょうか。秋田犬好きの海外セレブたちには、実は意外な共通点があったんです!

この記事では、秋田犬好きの歴代の海外セレブとその共通点、さらに秋田犬が世界中で大人気になった3つの理由もご紹介します。 みんなが知っている「あの秋田犬」も登場しますよ!

スーパーマンからゴースト・バスターズまで魅了する「アメリカン・アキタ」とアスリートもメロメロの世界の架け橋、「オリジナル秋田犬」の魅力とは一体?

それでは早速、見ていきましょう!

秋田犬と海外セレブの関係

まずは、歴代の秋田犬愛好者の海外セレブと秋田犬の関係から。

時代を追って順にご紹介します!

1937年:奇跡のヘレン・ケラー

まずは、海外での秋田犬の元祖であり火付け役とも言える、ヘレン・ケラー(1880-1968)について。

幼いときに聴力と視力の両方を失った重度の障害者でありながら、指文字や発声を訓練し、世界各地で障害者の教育と福祉の発展に教育しました。

そんなヘレンは、自らの難題に挑んで障害者のみならぬ多くの人々に影響を与えた英雄でありパイオニアでもあります。

著書や政治活動などで既に有名になっていた1937年、ヘレンは56歳のときに初めて日本を訪れました。

その時に実話である「忠犬ハチ公」の話を聞いて大感動し、「ワタシモ秋田犬ガ欲シイデス!」と周りに言いふらしていたところ、当時日本では超セレブ扱いであったヘレンに対して、日本政府から「神風(カミカゼ)」という名前の秋田犬が贈呈されたんだそうです(笑)。

ヘレン・ケラーと愛犬の秋田犬「神風」
Archives New Zealand

そしてアメリカに船で連れ帰った秋田犬「神風」が、アメリカで初の秋田犬となりました。

1945年~:日本占領米軍

ヘレン・ケラーが秋田犬「神風」を連れ帰ったのは第二次世界大戦の始まる2年前。

その後すぐに日米が開戦し、史上最悪の二国関係になったことを考えると、日本の特攻隊と同じ名前のつけられた秋田犬「神風」は、アメリカで暮らしていじめられたりしなかったでしょうか?

しかし、意外にも、1945年の終戦後、アメリカ軍が日本を占領する中で、日本に住む秋田犬に出会った占領軍の兵士が秋田犬に惚れ込んで自国に連れ帰ったという話があります。

そこから、アメリカで秋田犬の繁殖が盛んになり、現在まで続くアメリカン・アキタという種類の秋田犬のもとになっているようです。

ちなみにヘレン・ケラーも終戦の3年後の1948年に再び来日しており、ハチ公像に触れて喜ぶ写真がウィキペディアに掲載されています。

神風の後にももう1匹の秋田犬をアメリカに呼び寄せているそうで、きっと神風もいじめられることなく平和に暮らしたのでしょう。生涯に2匹も秋田犬を飼うとは、ヘレンの秋田犬好きは筋金入りと言えそうです。

2012年:黒帯のプーチン

そして、時は流れて、2012年。

東日本大震災を経験し、東北で壊滅的被害に遭った日本に対して支援をしてくれたお隣の大国、ロシアの大統領プーチンに、大統領就任祝いを兼ねて日本政府から秋田犬が贈られました。

この秋田犬の「ゆめ(夢)」という名前は何とプーチン自身が名付けたんだそう!

海外のセレブの中でも、プーチン大統領は大の犬好きで有名であると同時に、ソ連発祥の格闘技サンボや柔道を極めている武道家です。その強さと人間的魅力から、政治界の人物の中ではヒーロー的存在として注目を集めています。

この「ヒーロー+秋田犬」の黄金の組み合わせは、この後秋田犬の人気をゆるぎないものにしていきます。プーチンはそのさきがけ的な存在であると言えるでしょう。

スポーツ万能で柔道も絶賛するプーチン。部下には厳しそうですが、犬には優しいに違いないので、贈呈から年月が経った今も、秋田犬ゆめはプーチンのもと幸せに暮らしているでしょう。

2014年:鋼鉄のスーパーマン

海外セレブの秋田犬好きは映画界にも及びます。

2013年公開の「スーパーマン」の実写版映画 「マン・オブ・スティール」の主役でスーパーマン役であるヘンリー・カヴィルも、実は秋田犬を飼っているんです。

映画公開の翌年である2014年、当時のガールフレンドであったジーナ・カラーノと共に、アメリカン・アキタという種類の「カル」と呼ばれる秋田犬の子犬の里親になっています。

ジーナ・カラーノも海外セレブで、「最もスポーツ界に影響力のある女子選手」 とも言われる、フェザー級の女子総合格闘家7勝1敗、キックボクシングでは12勝1敗の強者。

その美貌と強靭な肉体を生かして、人気カーアクション映画の「ワイルド・スピード EURO MISSION(2013)」や、「X-MEN」の映画シリーズの「デッド・プール」にも出演しています。

現在、残念ながらこの二人の関係は終わっているようですが、何故か秋田犬の向かうところにはヒーローや格闘家あり、という感じかしますね!

2018年:ザギトワ選手

そして、日本全国が大注目し、日本での秋田犬ブームを再加熱したロシアのフィギュアスケーター、アリーナ・ザギトワ。2018年に平昌オリンピックで金メダルを手にした弱冠17歳のヒロインは、今海外で一番熱いティーンエイジャー・セレブでもあります。

大の日本好きとしても知られるザギトワは、秋田犬の存在を知って以来、「ワタシモ欲シイデス!」とお母さんにおねだりしていたそう。

金メダルを取ったらご褒美にね、と言われているうちにメダルを取り、5月に秋田犬「マサル」を贈呈されて、難なく手に入れてしまった、ということです。

そうすると、もしかして金メダルのモチベーションは秋田犬だったのか!?アスリートの戦力を上げてメダルまで取らせてしまうほどの秋田犬とは一体!?勝負の神様でもついているのでしょうか。

2018年: 朝青龍

そして、ザギトワに次いで2018年7月に秋田犬を贈呈されたのが元横綱の朝青龍。

朝青龍を海外セレブと呼ぶべきか?と思うかも知れませんが…呼ぶべきです! 日本にすっかり定着していますが、朝青龍はモンゴル出身の紛れもない海外セレブ。

朝青龍と秋田犬のマサオ。大きな朝青龍の膝まくらでモフっとリラックスしています。

モンゴルの大地で、モコモコのブーツやモンゴルの伝統的な衣装をまとった朝青龍に抱かれた、これまたモコモコの秋田犬の子犬がメディアに出た時は、その可愛さに誰もがため息をついてしまったほど。

「マサオ」と呼ばれるこの子は、そう、ザギトワの「マサル」のいとこ。そしてプーチンの「ゆめ」と同じ家で生まれています。

外国人でありながら日本の相撲界のヒーローにまで登りつめた朝青龍。厳しい世界を勝ち抜いていく姿勢とチャーミングな見た目は、秋田犬の忍耐強さと可愛らしさに通ずるところがあります。

その他

この他にも、飼育の期間は不明ですが、以下の二人の海外セレブ・ヒーローも秋田犬の愛好家です。

  • イベンダー・ホリフィールド
    • プロボクシングの世界王者
    • マイク・タイソンのかつての宿敵

トラをペットとして飼っていたことでも有名なプロボクシング王者、マイク・タイソンをご存知でしょうか。 イベンダーはあのタイソンを破って世界タイトルを獲得した勇者です。「追い詰められたネズミが反撃して猫にかみつく」という意味のことわざがありますが、秋田犬でもトラに勝る(マサル)ことができる!ということなのかもしれません(笑)。

  • ダン・エイクロイド
    • ゴーストバスターズのメンバー
      (レイモンド博士) (1984)

そして、ダン・エイクロイドは80年代のスーパーヒーロー、ゴースト・バスターズのメンバーの一人です。秋田犬の存在は、オバケと格闘して世界に平和をもたらす正義の味方(の演技)に必要な勇猛さをダンに教えてくれたのかも知れません。

こうしてみると、秋田犬好きの海外セレブには武道家、スポーツ選手など、ヒーローが多く、人々の心の支えになるような方や、そういった役柄を演じる人が多いと思います。

ヘレン・ケラーやスーパーマン、占領軍や格闘家まで、秋田犬にメロメロになってしまう海外セレブは、秋田犬のように勇敢で、強くたくましく、正義を愛する性質を共通して持っていると言えるかもしれません。

秋田犬が海外で人気の3つの理由

さて、海外セレブに愛され、一般にもその人気が定着しはじめている秋田犬。これほどに海外で秋田犬が人気になった理由は何なのででしょうか?

ここではその3つの理由・魅力をお伝えします!

①秋田犬の大きさ

秋田犬の海外での人気の理由の1つ目は、その大きさ。

戦争中に占領軍が秋田犬に惚れ込んで持ち帰ったということには少し触れましたが、その惚れ込んだ理由というのが、秋田犬の大きさなんだそう。

  • アメリカ人は秋田犬の大きいところが好き

占領軍の兵士たちも、戦争で経験した辛さや心の傷、故郷から離れて暮らす寂しさなどを持っていたに違いありません。

そんなときに、大型犬の包み込んでくれるような大きな愛情は、何にも変え難く癒やされるところがあったのでしょう。

この話を聞くと、アメリカから日本に来た友人が、トイレに始まって「日本は全てが小さい!」となげいていたのを思い出します。

犬も小さものが多い中で、大サイズの秋田犬に出会ったアメリカ兵は「これがアメリカン・サイズなんだよ!こうじゃなくっちゃ!」と思ったはずです。

そうしてアメリカに渡った秋田犬は、特に大きいものが好んで繁殖され、秋田犬をアメリカの気候風土に合うように改良した犬種「アメリカン・アキタ」が生まれました。

ビッグ・モフ!とも呼びたくなるほどの存在感をもつ「アメリカン・アキタ」

アメリカン・アキタは、色や毛の長さも様々で、「これが秋田犬?」と思ってしまうような見た目のものがありますが、アメリカでは秋田犬の見た目よりも大きさが人気の理由になっています。

②やっぱり忠犬ハチ公 

秋田犬が海外で人気の理由の2つ目は、やっぱり秋田犬の元祖、忠犬ハチ公。

日本犬の代名詞にもなっているハチ公は、1924年(大正13年)に、農学博士の上野英三郎が飼いました。

しかし、子犬のハチ公が家に来た翌年、博士は脳出血で突然他界します。そのご主人の帰りをいつまでも待ち続けたハチ公の話は実話で、当時から人々の心を打っていました。

  • ヘレン・ケラーもハチ公がきっかけ

博士の死から約10年後、日本に来日したヘレン・ケラーは、この話を聞いてハチ公と秋田犬を知りました。ここから初の秋田犬がアメリカに渡ります。

  • ハリウッド版映画のきっかけもハチ公像

1980年代に「忠犬ハチ公」の映画が日本で作られ、大ブームになりましたが、日本語の映画であったこともあり、このときの海外への影響は多くはなかったでしょう。

しかし、その後 「忠犬ハチ公像」を見たアメリカ人の青年が、ハチ公の話知って感動し、秋田犬を飼い始めます。

その秋田犬が2002年になくなったのをきっかけに、映画プロデューサーであったこの青年が秋田犬の映画を作ることを決めました。そして2009年に公開されたハリウッド映画が 「忠犬ハチ公」を新たに作り直した「Hachi 約束の犬」です。

  • ハチ公=忠誠(世界が感動)

リチャード・ギアが主演し、ハチ公のストーリーを現代のアメリカに置き換えたこの映画は、秋田犬Hachiの健気な姿に人々が涙し、ロシア・ヨーロッパ・中国にまで一気にファンを拡大しました。

この映画プロデューサーは日本人と中国人の血を引くアメリカ人、 ヴィッキー・シゲクニ・ウォンで、彼の国際的な感覚の良さと、秋田犬の忠誠心という性質が、世界に共通する心の琴線に触れた結果、大人気となったのでしょう。

いずれにしても、海外での秋田犬の人気の理由は、どこをたどっても、ハチ公のもつ「忠誠心」に行き着くと思います。

③オリジナルの見た目

こうした海外での秋田犬の人気を陰で支えているのが「秋田犬保存会」。秋田犬が改良されたり変化する中、オリジナルの見た目を持つ本来の秋田犬を保存しようとする彼らの精力的な活動が秋田犬の人気と繁栄の理由の一つでもあります。

現在、この会は海外でもアメリカ・イタリア・ロシア・ウクライナ・中国・台湾などに支部を持っています。

2009年のハリウッド映画で大成功をおさめたのにも関わらず、プーチンがゆめを受け取る前年の2011年には、秋田犬の頭数が存続を危ぶまれるほどに少なくなっていました。

しかし、プーチンに秋田犬が贈呈されたこともあり、映画の効果も長期的に影響して、2016年には海外の秋田犬の犬籍の登録数が日本国内をはじめて上回りました。翌年には、日本での300頭に対してイタリアで1000頭以上になるなど、海外での飼育が圧倒的に伸びています。

最近ではなんと、秋田犬保存会に対して、インドネシア・ベトナム・タイなどから輸入の要望が増えているのだとか。

モフモフした秋田犬が暑い東南アジアで生き残れるのでしょうか?もしかしたら「ベトナム・アキタ」や「タイ・アキタ」なんて犬種が生まれていくかもしれませんね…。

この保存会は、海外セレブに贈呈する秋田犬の手配や、海外への輸出など、海外での秋田犬の人気には欠かせない役割を果たしていて、彼らの活動の成果が秋田犬の人気の理由とも言えます。

まとめ

それでは、秋田犬と海外セレブの意外な関係、そして海外での人気の理由についてのまとめです。

  • 海外セレブとの関係性
    • 共通してヒーローに人気
      • 勇敢で、強い正義の味方
      • 秋田犬のようなセレブ
    • 人気の3つの理由と魅力
      1. 大きさ
      2. ハチ公(忠誠心)
      3. オリジナルの見た目

一流のスポーツ選手や格闘家など、世の中に希望を与えるヒーローは、時に孤独と戦いながら進むことを余儀されます。

そんな時、大型犬は、全身で愛情を表現して大きな愛で包んでくれます。私も大型犬を飼っていたことがあるのでわかるのですが、大型犬は存在感が大きくてとても心強い存在です。

そして、秋田犬、ハチ公に見られるような素朴さと忠誠心、一途なハートには、世界中の誰もがたまらなく感動して秋田犬のファンになってしまいます。

海外とは逆に、日本では住宅事情から秋田犬を飼える人が少なくなっているのが残念ですが、今後スローライフを実現し、田舎暮らしを楽しみながら秋田犬を飼う人も増えていくかも知れません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました