アレクサの英語スキルでできること!英語ニュースを活用する方法は?

AI・先端技術

Amazon Echo などに搭載され、私たちの生活の中で存在感を増している人工知能アレクサ。 色々な言語も喋ることができるアレクサは、語学の学習への応用にも期待が高まっています。アレクサの英語スキルにはどんなことができるのでしょうか?

英語ニュースを英語力アップに活用するにはどうしたらいいのか気になっている方もいると思います。この記事では、アレクサの英語スキルでできることと、目的別に英語ニュースを活用する方法ご紹介したいと思いますのでぜひご覧ください!

英語スキルでできること

アレクサの英語スキルを使ってできることには大きく分けて2つあります。

1つ目は、「スキル」と呼ばれるアプリをアレクサに入れて、そのアプリの機能をつかって英語を勉強すること。

そして2つ目は、アレクサの話す言語を英語に設定して、英語でコミュニケーションをすることです。こちらは「スキル」というアプリケーションではありませんが、アレクサの能力を活用する一つの「裏ワザ」ということで、ぜひチャレンジしてみたいところです。

それでは、まずは1つ目のスキル(アプリ)を使う方法を見てみましょう。

スキルを入れて勉強する

アレクサにインストールできるスキルには、単語やクイズニュースなどがあります 。スキルは、 Amazon のウェブサイトの検索画面の左側のプルダウンメニューから 「アレクサスキル」メニューを選んで検索することができます 。

英語スキルの追加方法は、アレクサアプリの左上のアイコンからメニュー開いてスキルを選択しその後 スキルページに 移動しカテゴリをタップします 。その中から教育レファレンスを選択します 。

アレクサを英語設定にする

スキルを入れて勉強する他に 、アレクサを英語設定にして英語でコミュニケーションするという方法もあります 。日常生活のいろいろな指示を英語ですることによって発音の練習にもなりますし、文字発音が悪ければ聞き取ってもらえないということにもなるので、結果として英語の発音が鍛えられると思います。

この場合はリスニングとスピーキング両方が鍛えられるのでおすすめです。ただし発音に自信のない方は何を言っても聞き取ってもらえないというジレンマが起こってしまうかもしれないので(笑)、ある程度リスニングをしながら発音を練習してから調整するのがいいかもしれません。

5種類のアクセントの聞き取りを鍛える

アレクサを英語設定にして英語でコミュニケーションするメリットの一つは、色々なアクセントがある英語の中でどのアクセントの聞き取りを練習するか自分で選んでそれにあったアクセントを選択してアレクサに喋らせることができることです。

アレクサが喋ることのできる英語のアクセントの種類は、アメリカ英語、カナダ英語、インド英語(クセが強そう)、オーストラリア・ニュージーランド英語、そしてイギリス英語の5種類があります。

英語と一口に言っても色々な発音があり、今後グローバルな環境で勉強したり仕事をしたりする上で色々な国の発音を聞き取ることとても大事になってきます。

私は学校でアメリカ英語とイギリス英語を勉強してからオーストラリアに来ましたがオーストラリアの英語は聞き取ることができなくてとても苦労しました。

あらかじめいろんな英語のアクセントに慣れておけばどんな人と出会っても臆することなくコミュニケーションができるようになるでしょう。

設定方法

アレクサを英語設定にする方法はまずアプリを開いて「三」のようなマークが出てくるので、そこをタップして「メニュー」を開きます。

そこから、「設定」→「デバイスの設定」→「 ECHO Plus(お使いのデバイス)」→「歯車の設定」マーク→「言語」から先程の5つのアクセントの英語からひとつ選びます。

そうすると、 「アレクサの言語を変更」という確認画面が出てくるので OK を押します。その次に、「言語の変更が反映されるまで数分かかる場合があります」という表示が出てくるのでこちらも OK を押して完了です。

目的別!ニュースの活用法

一口に英語のニュースといっても、最近は色々と種類がありますよね。英語のレベルや英語を学ぶ目的によって、できることや聞きたい情報は変わってくると思います。

私が子供の頃はNHKの「基礎英語」という雑誌くらいしか勉強するツールがなく、毎月雑誌を買ってラジオを聞いて勉強したりしたものですが(古い!?)、今となっては英語学習のツールは選び放題。良い時代になりました。

アレクサが提供してくれる英語のニュースに関するスキルも例外ではなく、どれをつかったらいいのか迷ってしまうこともあるはず。そこで、ここでは人気の英語ニュースのスキルや使い方を目的別にご紹介したいと思います!

(ご参考までに活用の難易度も★マークで記載しています)

時間を節約したい人向け 

フラッシュニュースを設定する
【難易度★ 】

忙しい社会人におすすめなのは、英語ニュースのスキルをアレクサに入れてフラッシュニュースに設定するという方法。

フラッシュニュースに設定してできることは、「アレクサ、今日のニュースは?」「アレクサ、フラッシュニュースを開いて」などというだけですぐに大事なニュースをパパッと聞かせてくれることです。

手で操作する必要がないので、カンタンに再生できて日々継続するのが楽で良いですね。毎日少しずつ時間をかけずにリスニングの習慣をつけるのにはもってこい。ニュースの概要を知ることもできるのでお得ですね。

フラッシュニュース対応のスキルを選ぶ必要がありますが、 手早く、継続的に英語を耳に入れる ならフラッシュニュースの機能を活用しましょう。

時事ネタをバイリンガルで  

JIJI news for English Learners
(時事通信英語学習ニュース)
【難易度★★ 】

ビジネスや仕事の英語に生かしたいけれどまだリスニングの理解力に訓練が必要な人におすすめなのがこちらの時事通信社の「JIJI news for English Learners」(フラッシュニュース対応)

日本語と英語のバイリンガルのニュースなので、「英語が右耳から左耳に通り抜けてしまって全く何のニュースだったのかわからなかった」(あるある)、ということにならないところが魅力。

アレクサを使ってビジネスや社会関連のニュースをのリスニングを鍛えつつ、ニュースの内容もばっちり仕入れたい人にぴったりなスキルです。

聞きやすく公平なニュース 

BBCニュースワールドサービス
【難易度★★★ 】

イギリス英語聞き取りたい、世界視点でニュースを知りたいを知りたいという方にはこちらの BBC ワールドニュースがおすすめです。個人的な意見ですが 、BBC のニュースはアメリカのニュースや日本の海外ニュースに比べて比較的公平な視点で世界全体のニュースを発生していると感じられるので、世界的な広い視点で偏りのないニュースを知りたいという場合に選択すると良いと思います。

また、イギリス英語の発音はおそらく世界で一番聞き取りやすくクセがない!ので、他のアクセントを耳に入れる前にまずはイギリス英語から勉強すると 、他のアクセントも聞きやすくなるはずです。 アレクサの言語設定をイギリス英語にするのと合わせれば格調高い発音を身につけるのにバッチリ!

こちらはスキルとしてインストールするのではなく、「アレクサ、BBCワールドサービスかけて「アレクサ、ラジオワールドサービスかけて」というだけでTuneinというラジオのネットワークからアレクサがBBCを見つけて流してくれます。

日本の話題でリスニング

NHK WORLD Japan Flash Briefing
NHKワールドジャパン
【難易度★★★ 】

身近な日本の話題で英語のリスニング力を上げたい、という方には NHK WORLD Japan Flash Briefingフラッシュブリーフィングがおすすめです。

NHK WORLD のニュースは、日本で放送されている日本語のNHK のニュースに比べて、外国人目線のニュースや話題が厳選されていて、日本人であってもそうだったんだと驚くような内容、日本の魅力が満載されています。

ネガティブなことばかり報道されるニュースが苦手な方、もっと日本の良いところを知りたい、ポジティブなニュースが知りたいという方にオススメです。

こちらは  Amazon. com (海外版アマゾン)から入手できるスキルで、日本の Amazon にサインインしてると使えないかもしれませんが、国外のアマゾンストアのアカウントを持っている人は使うことができます。

アマゾンの海外アカウントをお持ちでなく、スキルがダウンロードできない場合、アレクサを使わないでネット配信のテレビNHKワールドのニュースを見ることもできるのでぜひ試してみてください。

自分で馴染みのある日本の話題で、海外の人に自慢できる日本の魅力をインプットしながらリスニング力をつけることができますよ!

とにかく楽しく学ぶ

ENGLISH JOURNAL
(イングリッシュ・ジャーナル)
【難易度★★】

英語でニュースを聞いても難しい話題が多くなかなか理解できない、ついていけないということがあると思います。もう少しわかりやすく、楽しみながら英語を勉強したいという方におすすめなのは、英語学習に役立つ English Journal のスキル。

月刊雑誌 English Journal のインタビュー記事や、人気のクイズコーナー「ミステリースピーカーズ」、世界のエンタメニュースについての Podcast トーク番組「勝手にEnglish Journal」は、日本語と英語のバイリンガルです。

先ほどの時事通信のニュースと同じく、「英語を聞きっぱなしで意味が分からない」ということがなく、さらに記事やニュースの内容が解説されたりするので、聞いているうちにニュースの内容と英語を理解することができるのがいいところ。

エンタメの話題も盛り込まれているので、あまり真面目にならず楽しく英語を学ぶことができると思います。

ちなみに過去の再生はアレクサのスキル内で課金制になっているそうなのですが、最新版を聞く分には無料で利用することができるのでお得な勉強方法です!

英語ニュースで発音の筋トレ 

シャドーイングをする
【難易度★】

おすすめのニュースの活用方法として、「シャドーイング」という英語の訓練方法があります。これは私が英文科で勉強していたときに教授が教えてくれた方法です。

シャドウイングというのは、聞こえてきた英語に対して、「シャドウ」、つまり「影」のようにぴったりくっついて、音が聞こえた瞬間に、聞こえた音をそのまま発していくということによって発音を良くする、滑舌を良くする、英語を話しやすくするという訓練方法です。

聞こえてきた音をそのまま出せばいいので考える必要がないのがいいところ。さらにたくさん口を動かすことによって発音をすると、口や舌、アゴなどの、英語の発音に必要な筋肉が鍛えられるので、いわば発音の筋トレのようなものでもあります。

やり方としては、例えば、アレクサが流す英語のニュースが耳に入ってきた瞬間に、聞こえた音を延々とブツブツ自分の口から出しつづけるということを飽きるまでやります(笑)。この場合、意味を考えたり理解する必要はありません。これをすることで英語の速さやリズムが身体に馴染んできます。

気が向いたときにこれを繰り返していると、発音が身につきやすくなると同時に、英語を声に出すのがスムーズになっていきます。ですが、見た目がかなり妙なことになるので、周りに人がいないときにやるようにしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか ?アレクサの英語スキルでできることには、スキルを入れて勉強すること、英語設定をしたアレクサとコミュニケーションすることの2つでした。

アレクサのスキルで英語ニュースを活用する方法はをまとめると下のようになります。

  •  英語ニュースを活用する方法
    • 時間の節約
      • フラッシュニュースに設定
    • 発音の筋トレ
      • シャドーイングをする
    • ニュースを目的別に選ぶ
      • 時事ネタ
        • JIJI news
    • 聞きやすく公平
      • BBC ワールドニュース
    • 日本の話題
      • NHKワールドジャパン
    • 楽しく学ぶ
      • English Journal

昔はシンプルにラジオをつけて英語ニュースを聞くだけだったのに、パソコンやアプリがラジオの代わりになったことで操作が面倒になって、昔に比べてあまりニュースを聞かなくなったような気がします。

アレクサは呼びかけるだけで英語のニュースが すぐに聞かせてくれるので、ラジオが進化して戻ってきてくれたような感覚。アレクサがいれば英語のニュースが活用しやすくなりそうです。

アレクサの英語のスキルはこれから色々な種類が開発されていくはずなので、ますます英語を勉強するのが楽になりますね 。アレクサにできることをフルに活用してラク~にスイスイ英語を伸ばしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました